読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販で大人気!?ロケットを予約なしで買うならこのサイト 2017年度

などなど!盛り沢山の内容がかみ合い!面白かったです。池井戸潤さん!素晴らしい作家さんですWOWOWの連続ドラマW下町ロケット」佃航平役を三上博さん主演です!私のイメージにぴったりです中小企業が持つ特許権をめぐり!大企業がその権利の獲得に手段を選ばず画策して獲得を目指すが!てこずりながらも防衛の為に社長のもと社員一丸となり防衛するというストーリー。最後は胸が熱くなる展開で、中小企業にお勤めの方は是非読んでいただきたいです。

こ、これですっ♪

2017年01月26日 ランキング上位商品↑

ロケット下町ロケット [ 池井戸潤 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

自分は原作派です。本当に面白かったです。ドラマを見て購入しましたが!「おもしろい!!!」です。ただ、映像化を意識して?の構成に少々「作られた」ところが垣間見え、若干やり過ぎかな。でも、著者の別の作品も読みたいと思いました。そして小気味よい作品でした。お勧めです。あ〜、えらい損してた気分です。まさにこれを地でいくような物語には,心を奪われっぱなしであった。子どもが使っていた小学5年の社会の教科書には,大企業と中小企業との違いとして『町工場の中には,大工場にはない独特の技術力等ですばらしい製品を作っていることがある〜』というような文章が記載されていた。わくわく・ドキドキもおりこまれて!久々に後味のいい読書ができました。大企業の人間模様もよく出会うシーンでいろんな人を思い浮かべました。大田区の町工場が取得した最先端特許をめぐる!中小企業vs大企業の熱い戦い!かつて研究者としてロケット開発に携わっていた佃航平は!打ち上げ失敗の責任を取って研究者の道を辞し!いまは親の跡を継いで従業員200人の小さな会社!佃製作所を経営していた。直木賞の受賞作なので読んでみたのですが!この作者さんの本を他のものも読んでみたくなりました。。実際に東大阪や本編の大田区には町工場でも最先端の技術を持つ”コウバ”があり、自身も自営業の実情を経験しているので、大変面白くかつワクワクしながら一気に読めました。私は後者ですので!この本は私のスタイルにぴったりでした。国内生産空洞化の中!夢をもらえる内容でした。注文番号 直木賞を取られたので!購入しました。 読書家には二通りいると思いますが!予想外の展開と終結を楽しむタイプと予想通りの展開に安堵と癒しを求めるタイプ。著者の本は今回が初めてですが!企業小説で夢を追いかける下町の工場社長が生き生きと描かれており!大変好感が持てる読後感でした。。ハラハラドキドキの展開があり!ひとつ小気味よく解決したかと思えば次のハラハラ!また解決かと思えば次へと!何処でまとまるんだという思いで読みました。痛快であり!技術屋の気持ちを十分考えさせられた本でした。直木賞作品だし、ドラマ化されたのに、読んでいませんでした。書店オススメ書評などや他のメディアでも受賞前から評判でしたので、やはり読み応えのある一冊でした。今回は!あんな展開になるとは思いもしなかった序盤からすばらしいでした!知的財産権!銀行の審査のこと!ロケットの話!研究職関係の話!中小企業の社長や社員のことなど!色々勉強になる話でした。色んな人間模様や銀行の冷淡な姿勢など・世の厳しい現実が見事に表現されてます。下請けいじめ、資金繰り難、多額のお金が入った事による従業員たちと佃の不協和音。終盤では!「え!水面下で!そんな事まで仕組んだの!!」と!驚きもありました。。WOWOWでも現在残す1話のみとなったが,脚本が違うので,どちらを先にしても楽しめる(かも?)。。きっと誰が読んでも面白いと思うお勧めな作品だと思う。一気に読んでしまいました。同時に池井戸氏の著作を一気に読み始めているところです、ちょこちょこ難しい言葉が出てくるので流して読んじゃってる所もありますがw後半はハラハラドキドキしっぱなしで、あっという間に読んでしまいました。映像化される前に読むのがいいと!家族に勧め只今順番待ちです。直木賞受賞をきっかけに妻が読んでみたいという事で!購入しました。普段から!読書慣れしていないのにこの本は私にとってかなり魅力的でした。タイトルからして夢を追うタイプのものだと想像できましたが、全く期待を裏切らず予想通りの展開でした。。『夢』を貫く中小企業の佃製作所と大企業とのマニアックな様々なやり取りと問題、人間模様が面白く手に取るように近く感じ、涙を誘われる場面もありで飽きのこない展開が早く次に進みたい感にさせる。入院してる友人に元気になるような本を贈りたい、と思って購入してみたのですが、この本を選んで大正解でした。中小企業の現状というものはこんな感じでしょうか。佃製作所の熟練の技と大企業の機械の精度の戦い。コンピューターや機械に頼りすぎた現代社会に警鐘をならすもので、ひとりひとりの技術の向上とその技術の継承こそが大切であると感じさせるいい作品でした。是非社会人は読んでもらいたい作品ですね。とにかくおもしろい。一気に読んでしまいました。気がつくと自分でも不思議なくらい!5分でも10分でもあれば自然にこの本を読んでいる・・・かなり面白いと思う。最初は!あまり引き込まれなかったが!読んでいくうち下町の中小企業の社長とこれまで意見が対立してきた従業員とが一致団結して!力でねじ伏せようとする大企業に立ち向かう姿に気持ちがスッキリすると共にモノづくりの大切さがひしひしと感じた。。の感も。最後まで読みあげた時は、感動の涙でした。大変面白い作品でした。どんどん読み進んでしまい,一気に感動と共に終了。